最新コメント
コメント(1)
(0)

オーラソーマ日記





いよいよ今日はチャクラウォーク最終日。

この日は第一チャクラから入って、第七チャクラまで、マイクを先頭に、ただひたすら、黙々と歩く。

これまでのチャクラを統合していく旅。



全1件;1件~1件 [1]
(0)
 
コメント ここ





チャクラウォークの最終日をお祝いしてか、ハートの池の真ん中にピンクの睡蓮の花が一輪。(写真1)

この景色ともしばらくお別れ。(写真2)

この石は第6チャクラのビジョンの石。

シャイアファームのチャクラストーンはこの石から全てが始まった。

今年はチャクラウォークが始まって3年目。
日本からのツアーは2回目。

新しく第8チャクラのミカエルが設置され、第6チャクラのまわりには、マヤ暦の終わり2012年12月21日に設置されたそのときの惑星の位置を現したオブシディアンなどのの惑星の石が設置され、第5チャクラではカイヤナイトが設置され、ハートの池には牛の像が設置された。

そしてアーススターの石が設置され、妖精の森にも新しく石が設置された。

今回は30周年も兼ねてこれまでにも増して、長い日程でのチャクラウォークだった。

このようなチャクラウォークのイベントは、来年はなくて、2015年ないし2016年に開催予定だとのこと。

今回の旅でシャイアファームのチャクラの石は一段落したようだ。

午後は前日一人ひとりが選んだボトル(ボトルに選ばれた、と言うべきか。というのは、あなたがボトルに選ばれた、と思われるようなボトルを持ってくるように、というマイクの指示だった)とともに、そのボトルに関連するチャクラのところに行って、そのボトルとともに「私は誰か」「どうして私はここにいるのか?」という問いとともに瞑想しながらその場で過ごすひととき。

最後に私が過ごしたのはこの石。(写真3)

第7チャクラの石の向こうに見えるのは第8チャクラのミカエルの像。

第7チャクラは宇宙とつながり、宇宙のエネルギーがおろされる場所。そしてまた宇宙に帰る場所。

ただひととき、この地球に生まれ、使命を果たしたら、また宇宙に帰っていく。

どういうヴィジョンを持ってこの地球での人生を生き、それをどのように伝え、実現し、そしてそれをまた宇宙に返していく。

今回のチャクラウォークはそのことを自分に問いなおす旅だったのかも知れない。






全1件;1件~1件 [1]