B006  Energy Bottle エナジーボトル
レッドは生命力を表し、情熱や集中力、目覚めの色であると同時に、サバイバルや闘争、怒りのエネルギーでもあります。しかし、レッドに沢山の光(クリアー)が入ると愛(ピンク)になります。このボトルは、誰もが等しく持っている生命エネルギーこそが愛の源泉であると教えてくれます。
ボトルのメッセージ
レッドは生命力を表し、情熱や集中力、目覚めの色であると同時に、サバイバルや闘争、怒りのエネルギーでもあります。しかし、レッドに沢山の光(クリアー)が入ると愛(ピンク)になります。このボトルは、誰もが等しく持っている生命エネルギーこそが愛の源泉であると教えてくれます。
魂の使命と目的
特質は、情熱的で、熱く語ります。どんな逆境にあっても、愛を与えることのできる勇敢な人。生気にあふれ、人を惹きつける魅力があります。人生に、信じがたいほどの歓びを感じる人です。満たされていて、物質的にも何の不自由もあありません。実務的な能力に優れています。
チャレンジとギフト
物質的な物事に耽溺しやすい傾向があります。また、自分のカリスマ性をしばしば、誤用します。責任をとろうとしない場合が多くあるかもしれません。特に、人生の物質的な側面において、それが顕著に表れますす。フラストレーションを感じていて、怒りっぽく、物事に対して投げやりな態度をとり、怠惰で、人生に対して無関心になりがちかもしれません。それは本来持っている自分のエネルギーを生かせていないことから来ています。
使用部位
このオイルはとりわけベースチャクラに関係しているので、けっして臀部より上の部分には用いないで下さい。特に足の裏に用いるのが良いでしょう。
タロットカード
恋人たち(The Lovers)
タロットカードのメッセージ
私たち自身の中にある男性性と女性性、直感と分析的、左と右との統合の可能性を示す。成就の可能性。重要な選択の必要性、物事がなすべき/なされるように展開していることの確信の暗示。セクシャリティ、配慮と温かさを表現する側面にも関連する。
最新コメント
-
コメント(0)
(1)

B006 エナジーボトル





「タントリックイルミネーション」のセットはレッド、ピンク、マゼンタ、コーラルに関連するボトルで、全部で18本あります。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/specialset/tantricillumination.html

最近、とは言っても6年前に生まれたセットです。

「タントリックイルミネーション」のコースは受けたことはありませんが、ボトルの色と既存の知識から、勝手なことを書いてみます。

これらの「タントリックイルミネーション」のボトルを見ると、愛をテーマにしたボトルのように見えます。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/specialset/tantricillumination.html

レッドの愛、ピンクの愛、コーラルの愛、マゼンタの愛。

レッドの愛。
この愛を「愛」と呼ぶかどうかは別にして、レッドの肉体に根ざした愛、あるいはレッドの情熱やエネルギーによる愛とでも言えるかもしれません。
情熱的な愛。レッドのバラを送るような愛ですね。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B006.html

ピンクの愛。
ピンクはレッドにクリヤーの意識、気づきが入った色です。その愛は。ありのままを受容する愛、無条件の愛、というふうに言えるでしょう。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B052.html

コーラルの愛。
ボトルの名前は「愛の叡智」。自分自身を愛する知恵。すなわち、愛を内側に見いだす知恵、という意味になりますね。
自分の内側に愛を見いださずに、外側だけに愛を求めると報われませんよ、というのがそのチャレンジ的な意味になります。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B087.html

マゼンタの愛。
神聖なる愛。小さなものごとへの愛。宇宙的な愛、というふうにも言えるかもしれません。
私たちは愛によって生まれ、愛によって生かされ、愛のなかに帰っていく存在。
「この宇宙は愛によってできている」と最近の最先端の物理学者が言っています。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B067.html

それでは、そもそも「タントリック」というのはどういう意味なのでしょう?

OSHOの本に「タントラ ーーセックス、愛、瞑想への道」という本があります。
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4900612111/oshoartunity-22/ref=nosim

そのなかでは、タントラをヨーガとの対比で説明しています。

OSHOは、両者は根本的に違っていて、たどる道は正反対だけれども、両者は同じゴールに到達する、と言っています。

ヨーガでは、超越するために自分と闘う道です。ヨーガは、世間と解脱(モクシャ)、現在のあなたと可能性としてのあなたは二つの対立した存在として見て、現在の自分を抑圧し、闘い、消し去り、それによってあるべき自分の姿を達成する道だといいます。

それに対して、タントラは、あるがままの自分を受け入れる、全面的な受容の道だといいます。自分と実存(リアル)、世間と涅槃(ニルヴァーナ)との間に断絶(ギャップ)を作らずに、それらを全面的に受け入れながら超越していく道です。全面的な受容を通して成長していくことがタントラの道です。

タントラは、何ごとであっても、深く受容し、と同時に気づいていなさい、と言います。全肯定の道です。

例えば怒りがあるときにも、怒ってはならない、とは言いません。「全身で怒りなさい。ただし、気づいていなさい!」と言います。

気づいていることができれば、怒りは変容され、それが慈愛になる。それがタントラの方法の極意だ、とOSHOは言います。

ですから、生命エネルギーに対しても、それをコントロールしたり、抑圧したりするのではなく、その同じエネルギーを変容していかなければならないと言います。

「タントラの錬金術では、闘ってはならない、与えられたすべてのエネルギーの友となり、それらを迎え入れなさいと言う。怒りがあること、セックスがあること、欲望があることに感謝しなさい。それらが隠れた源泉であるから感謝するのだ。それらは変容され、開かれる。セックスが変容されると、それは愛になる。毒は消され、醜さは消え去る。」

これらの理解を持って、「タントリックイルミネーション」のボトルのセットを見ていると、そこからこれらのボトルについてのさまざまな洞察がやってくるでしょう。
http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/specialset/tantricillumination.html

それは、このレッドの生命エネルギー(6番のボトル http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B006.html)をどのように受容し、変容していきながら、それを愛に、そして神聖なる愛へと変容していくかのタントラの道がそこに示されていると見ることができるでしょう。

「タントラの変容」(タントラヴィジョン)という本の中で、OSHOは「サラサの王の歌」についてこのように言っています。

「これはタントラのメッセージだ。抑圧された生を生きてはならない。表現の、創造性の、喜びの生を生きなさい。自分の自然な生とともに、自発的に進んでいけば、ある日、あなたは神聖なるものの扉に到達する」  OSHO
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881781774/oshoartunity-22/ref=nosim

この本にはタントラの技法を実践する具体的なヒントもいろいろ書かれてあるので、興味ある人は読んでみられると良いでしょう。
書き込みはありません