105 星(The Star)
なし
タロットカード
星(The Star)
タロットカードのメッセージ
なし
ボトルのメッセージ
私達の内なる女神を明らかにします。影に追いやらていたものに光を当てるとき、深い洞察と、新しい理解がやってくるでしょう。呼吸と共に愛が細胞一つ一つに深く浸透し、過去から継承したパターンを解放していくことをイメージしましょう。それは全体へのヒーリングと至福に繋がるかもしれません。
魂の使命と目的
自分自身の深みまで受け入れることができ、洞察力を持っている人です。自分の内側の最も深いレベルにある、男性性と女性性の内なる合一の感覚持ち、バランスの取れる人です。カルマのパターンや、その種の理解を通して、いやしていくことができるでしょう。愛と調和を周囲の人々にもたらすことができます。物事に対して、喜びを持って意欲的に取り組んでいくことのできる人です。
チャレンジとギフト
自分自身の影の部分に目を向けることに対して、むずかしさを感じているかもしれません。自分の内側にあって、無視して、今まで否定して、ノーを言って抑圧している何かを持っているからです。そういった闇の部分取り組んでいくことで、ヒーリングがもたらされるでしょう。そして、自分自身を受け入れていくことができるようになります。自己犠牲の傾向を和らげたり、愛や慈愛をもたらすのを助けます。
使用部位
下腹部のまわり全体に、身体の後ろも含めて一周するように、ぐるりと帯状に塗布します。および、右の耳たぶから右の肩にかけて、上から下へと細い帯 状になるようにつけます。その次に、右腕の付け根から体の右側全体を通って足首まで、太い帯状になるように塗布していきます。
最新コメント
コメント(2)
(0)
JUN KOGA
星(The Star)
B105 大天使アズラエル

アズラエルが誕生したあと、すぐに使い始めました。

オレンジのボトルが好きな私には、この夕日のように美しいボトルに

海に沈むぷるぷるの大きな太陽を見た記憶と重なって

うっとりとしていました。

夕日はこの地球の塵に反射して、横から太陽の光が差し込むことにより

見れる色合いだそうです。

地球に居てこそ、見れる美しい光。


このボトルを塗るたびに、こころの深いところから「しあわせの感覚」が溢れ出てきたことを覚えています。

使う人によっては、「まさかこんなことに!!」ということも溢れ出てくるそうですが、

それまで、自分の嫌なところも苦しみも散々見て来た私には、

「しあわせの感覚」を呼び覚ますボトルでした。


数年経って、アズラエルの体験について友人と話していたときに、

こんなにもボトルの体験って違うのだな〜っと感心していた自分自身のこころから

ふっっと、ある思いがわき上がってきました。

「自分が苦しいと思い込んでいただけで、本当は苦しみや嫌なことではなかったんじゃないだろうか?」

「苦しみは自分で作り出していただけなんじゃないだろうか?」

と、思いました。


人は元来、しあわせで

その上に【苦しみ】のトッピングをしているだけ????


ってことは、苦しみのトッピングが嫌なら、ぴーまんを外すように、取り去ることも出来るのではないだろうか?

でも、小さな頃、嫌いだと思っていたぴーまんは、食べてみたら美味しいと思う時がくるのではないだろうか?


「子供はぴーまん嫌いだからね」って言われたことに思い込んでいただけではないだろうか?

・・・と、疑問がふつふつとわき上がって来たのです。



いまでも、このボトルは大好きです!!


レベル3で学ぶ「ラベル」の意味がよくよくわかったボトルちゃんです。


私には、夕陽の美しい音や景色をいつでも思い出させてくれる大天使アズラエル。

全2件;1件~2件 [1]
(0)
 
コメント
「クリスタルラインおとはな」のひろこ
苦しみとぴーまん、かわいいわかりやすい表現ですね。*^^*
なるほど〜って思いました。

トッピング、っておもしろいです。

ナチュラルな、まっさらな生地に戻ってそれを思い出すことも、
トッピングされて味の深まった人生を楽しむことも、
どちらでもわたしたちにはできるのですね。

これからぴーまんを見るたび、このことをなんだか思い出しそうです。^^

私もアズラエルを使った時、ほんとうにびっくりしました。
使う前に、使ったことのある友達から、壮絶な体験談を聞いていたので
かなりドキドキしながら心して使い始めたのですが…
「なんてあたたかなボトルなんだろう!」というのが第一印象でした。
あたたかくて、力強くて、やさしくて、すごい包容力を感じました。
どんなわたしでも大丈夫なんだという感覚がやってました。

ボトルによって触発された、その人それぞれの特有の体験がやってくるのが、素敵ですよね。
(0)
 
コメント ここ
JUN KOGA
OTOHANAのひろこさん


ふふふ

嫌いなものをお皿から上手に取り出して

「やだ!食べたくない」って、小さなお子さんのしぐさを思い出しました。

そういえば、あのときの意思の強い表情は・・・


どこから来る自信なのでしょうね?(笑)


アズラエルは本当に様々な条件付けに働きかけてくれるな〜と思います。


ぺりぺりとはがれ落ちる条件付け。



ほんと、ボトルは使うたびに新鮮な発見がありますね〜〜

全2件;1件~2件 [1]