メルマガ トピックを見る

購読申し込み

【post@aura-soma.jp】からメルマガが配信されます。
「受信箱」に確認メールが見当たらなければ、「ゴミ箱」や「迷惑メール」フォルダをご確認ください。「お気に入りのメルマガを迷惑メールフォルダーに入れない方法」などを参考に確実な受信設定をなさることをお薦めします。

バックナンバー

全171件;31件~40件 [] [1] [2] [3] [4] [5] [6] ... [18] []
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 みなさま、クイントエッセンスを使ったことはありますか? ポマンダーはオーラを保護するものですが、クイントエッセンスはなんだかよくわからない・・・というお声をいただくことがあります。 クイントエッセンスは、≪呼び覚ますもの≫で、内なる声や祈りというふうに言われることがあります。 でも、これだけだとちょっとよくわかりませんね。 では、何を呼び覚ますのかというと、自分の内側にある“本質”を呼び覚ますのです。 私たちの内側の中心には、愛や平和、喜びや自由などといった、たくさんの本質があります。 それは普遍的な、人類が持つ共通の本質だといえます。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第140号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「苦しみの理由を理解する」です。 ぱりさんのお話の冒頭にもありましたが、今年はほんとうに大型災害の報道が絶えないですね。 自分が蒔いた種ならまだしも、自然が相手だと自分たちの力ではどうにもできず、無力さを実感してしまいます。 しかし、そんななかだからこそ人はお互いに協力しあい、助けあって、つながっていきます。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 ヴィッキーさんの生誕100周年のお祝いに、みなさまよりたくさんのメッセージをいただきました。 ふだんは配信する側ですが、みなさまの想いをシェアしていただいて、とてもうれしい気持ちになりました。 お送りいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。 前回にひきつづき、今回もメッセージの一部をご紹介いたします。 ※前回のメッセージはこちらでお読みいただけます。 ご一緒におたのしみいただけたらと思いますので、ぜひお読みくださいね。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第138号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「歓びに開く」です。 先週末まで、世界中で瞑想を指導されているマニーシャ・ジェームスさんによる2つのコースが開催されていました。 そして、コース開催にあわせ、マニーシャさんによる無料インターネットクラス≪パワーオブハート≫にて「よろこびを認める瞑想」をガイドしてくださいました。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 ヴィッキーさんの生誕100周年のお祝いに、みなさまよりたくさんのメッセージをいただきました。 ふだんは配信する側ですが、みなさまの想いをシェアしていただいて、とてもうれしい気持ちになりました。 お送りいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。 心より感謝いたします。 メッセージの一部ではありますが、今回のはじメルでは一緒におたのしみいただけたらと思います。 ぜひ、お読みくださいね。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第136号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「バランス感覚」です。 わたしたちの傾向のひとつに「白黒はっきりさせたい」というのがあります。 なにかに悩んでいるとき、はっきり決着をつけたいと思ったことはありませんか? 個人のレベルでもそうなので、これが集団としての方向性だったりすると、よけいに頭を抱えてしまうか、もしくは遠巻きに見て当事者にならないようにするかのどちらかになってしまいそうです。 どんな事柄でも偏り過ぎはよくなくて、ほどほどがいいと言いますね。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 和尚アートユニティでは、ほぼ毎月えつこのナビゲートで≪はじめてのオーラソーマお茶会≫を開催しています。 このお茶会は、まだコースを受けたことのない方がご参加いただける会なのですが、そこにはちょっとした訳があります。 それは、ある女性が着物の着付け教室での体験を話してくれたのがきっかけでした。 そのお教室では経験者と初心者がミックスだったのですが、いつまで経っても自分の番がまわって来なくて、ずっと上半身下着のままで待っていたことがあったそうなのです。 はじめてを体験するときは、ただでさえ緊張しているので、そんなときに自分から声を出すことはなかなか勇気がいりそうです。 ということがきっかけで、はじめての方もリラックスして、すこしは安心できるよう≪はじめてのオーラソーマお茶会≫は初心者の方だけの会にしました。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第134号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「人を助ける」です。 最近、社会貢献やボランティアという言葉を多く耳にする機会が増えたように思います。 でも「他人を助けること」と限定すると、なんだか大それた感じがしませんか? そんなこともしていないし、助けるゆとりもない・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。 また、すでに経験ありの方もいらっしゃるかもしれないですね。 私たちの日常は、「困ったときはお互いさま」の精神で、知らないうちに誰かを助けていたり、助けてもらっていたりと、お互いに助けあっていることもけっこうあると思います。 身近なところでは、乗り物でお年寄りに席を譲ったりすることもそうですし、年金や保険のシステムもそのうちのひとつですね。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 毎年8月20日ころになると、オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんのお誕生日を想いますが、今年はちょうど生誕100周年にあたります。 つまり、ヴィッキーさんは1918年8月20日生まれで、日本だと大正生まれなのですね。 ということで、今回の「はじメル」はヴィッキーさんについて書いてみたいと思います。 読者の方は、すでに書籍『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』を読んでいらっしゃるかもしれません。 または、すこし前のPDFプレゼント『オーラソーマ誕生秘話 奇跡のカラーヒーリングを読み解く』をお読みいただいているかもしれません。 そこで、その2冊とはちがう角度からヴィッキーさんを感じてみましょう。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第132号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「現実的に見る」です。 あまりにもショックなことや受け容れがたいことには、なかなか向きあうことができないものですね。 見て見ぬふりをしたり、なにか自分にとって都合のいい別のことと差し替えてしまって、現実を違うものにしたり、なかったことにしようと工夫します。(こういうとき、私たちはとってもクリエイティブです!) そうして、痛みをともなうことを無意識に避けようとします。 しかし、現実を見なさすぎると夢のなかで生きているような感じになり、エネルギーは上のほうに行ってしまいます。
全171件;31件~40件 [] [1] [2] [3] [4] [5] [6] ... [18] []