メルマガ トピックを見る

購読申し込み

【post@aura-soma.jp】からメルマガが配信されます。
「受信箱」に確認メールが見当たらなければ、「ゴミ箱」や「迷惑メール」フォルダをご確認ください。「お気に入りのメルマガを迷惑メールフォルダーに入れない方法」などを参考に確実な受信設定をなさることをお薦めします。

バックナンバー

全144件;11件~20件 [] [1] [2] [3] [4] [5] ... [15] []
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第134号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「人を助ける」です。 最近、社会貢献やボランティアという言葉を多く耳にする機会が増えたように思います。 でも「他人を助けること」と限定すると、なんだか大それた感じがしませんか? そんなこともしていないし、助けるゆとりもない・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。 また、すでに経験ありの方もいらっしゃるかもしれないですね。 私たちの日常は、「困ったときはお互いさま」の精神で、知らないうちに誰かを助けていたり、助けてもらっていたりと、お互いに助けあっていることもけっこうあると思います。 身近なところでは、乗り物でお年寄りに席を譲ったりすることもそうですし、年金や保険のシステムもそのうちのひとつですね。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 毎年8月20日ころになると、オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんのお誕生日を想いますが、今年はちょうど生誕100周年にあたります。 つまり、ヴィッキーさんは1918年8月20日生まれで、日本だと大正生まれなのですね。 ということで、今回の「はじメル」はヴィッキーさんについて書いてみたいと思います。 読者の方は、すでに書籍『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』を読んでいらっしゃるかもしれません。 または、すこし前のPDFプレゼント『オーラソーマ誕生秘話 奇跡のカラーヒーリングを読み解く』をお読みいただいているかもしれません。 そこで、その2冊とはちがう角度からヴィッキーさんを感じてみましょう。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第132号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「現実的に見る」です。 あまりにもショックなことや受け容れがたいことには、なかなか向きあうことができないものですね。 見て見ぬふりをしたり、なにか自分にとって都合のいい別のことと差し替えてしまって、現実を違うものにしたり、なかったことにしようと工夫します。(こういうとき、私たちはとってもクリエイティブです!) そうして、痛みをともなうことを無意識に避けようとします。 しかし、現実を見なさすぎると夢のなかで生きているような感じになり、エネルギーは上のほうに行ってしまいます。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 先月、『オーラソーマポマンダー すべてがわかるー歴史から使い方までー』PDFブックのプレゼントキャンペーンがありましたが、みなさまは手にとっていただけましたでしょうか? 191ページの小冊子は読みごたえがありますよね。太っ腹な企画でした。 ご意見、ご感想などがございましたら、ぜひ「☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆」コーナーまでメッセージをお寄せください。 これからも、みなさまにとって役に立つ情報をお届けできたらと思っています。 ひきつづき、≪はじメル≫をどうぞご愛読くださいね。 さて、今回はいつもと違った角度でオーラソーマを見ていきたいと思います。 「オンラインショップ 人気イクイリブリアムランキング ベスト10★」です。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第130号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「優しくなれる」です。 親から教わったことのひとつに、「他人にやさしくするように」というのがあるかと思います。 子どもというのは、まずは自分の「こうしたい!」が最優先なので、他人を思いやるように、そうしつけられたのでしょう。 しかし、まわりに配慮の気持ちを向けすぎてしまうと、今度は自分がどうしたいのかがわからなくなってしまい、自分が不在になってしまいます。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 つい先日、このような記事を見かけました。 「香りビジネス急拡大、高級ホテルから銀行までが導入し効果絶大」 こちらは『週刊ダイヤモンド』という経済誌の記事でしたが、「この1~2年、【香り】を用いた空間演出のビジネスが急速に伸びている。ホテルやイベント会場で香りを使えば、利用客の印象がよくなったり、滞在時間が延びたりする」のだそうです。 オーラソーマを使っている者としては気になるニュースで、クリックして一気に読みました。 香りとの出会いは人それぞれにたくさんあると思いますが、わたしは学生のころの、すこし物心がつきはじめたころに香りというものを意識しはじめました。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第128号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは「困難に光をもたらす」です。 このところさまざまな地域で、大きな地震や集中豪雨などといった天災が続いていますね。 被害に遭われた方々に、一刻も早い復旧と、そして平和な日々が訪れることをお祈りしております。 情報がスピーディーになり、わたしたち人間もいそがしく日々を過ごし、そして地球自身もオーバーヒートしている・・・そのような感じがします。 こんなときになにができるのだろうかと思いますが、今日のはじメルのボトルにその糸口が見つかるかもしれません。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 つい先日、和尚アートユニティは引越しをしました。 コースを開催していた水色の建物はそのまま残るため、今後もコース会場は変わりませんが、そのなかにあったオフィス機能だけが同じ由比ヶ浜にある別の場所へと移りました。 あたらしい場所ではオーラソーマのプロダクトを扱っている部署と同じ建物内なので、すべての部署がひとつになって働けるようになったのです。 (あたらしいオフィスや引越しの様子は、えつこの部屋のブログ「目指すは禅スタイル。オフィスの引越しでした。」でお読みいただけます) 経験された方はおわかりかと思いますが、引越しってけっこう大変です。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただいて、ありがとうございます。 今回のテーマは「気づく」です。 わたしたちは日常的に「気づく」という言葉をつかっています。 「あぁ!」とか「なるほど!」みたいに、膝を打つような瞬間がありますね。 気づきが増えると、これまでガチガチに固まっていた過去の記憶がするっと方向転換していきます。 そして視野が広くなると、これまでと違った新たな可能性が開け、せまい思い込みからも解放されていきます。 しかし、こればかりは誰かに言われて納得できるわけではなく、自分で膝を打つようなステップがたいせつです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 梅雨時で湿気が多いかと思いきや、夏日のように晴れの日もあって、ここのところ天気が不安定ですね。 心なしか、体調へも影響をしているように感じます。 みなさまはいかがですか? そこで今日は「身体」にフォーカスをしてみたいと思います。 ひとくちに疲れと言っても、「身体の疲れ」と「精神の疲れ」の両方がありますが、今日は「身体の疲れ」の方です。 身体が疲れていると、ちょっとしたことでイライラしたり、怒りへのきっかけになったりしませんか?
全144件;11件~20件 [] [1] [2] [3] [4] [5] ... [15] []