メルマガ トピックを見る

購読申し込み

【post@aura-soma.jp】からメルマガが配信されます。
「受信箱」に確認メールが見当たらなければ、「ゴミ箱」や「迷惑メール」フォルダをご確認ください。「お気に入りのメルマガを迷惑メールフォルダーに入れない方法」などを参考に確実な受信設定をなさることをお薦めします。

バックナンバー

全180件;1件~10件 [1] [2] [3] [4] [5] ... [18] []
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第180号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「内なる旅」です。 夏休みにぴったりなテーマですね。 普通「旅」というと電車や飛行機で移動するような、現実からすこし離れた旅行のことを言いますよね。 そうではなく、ここで言う「内なる旅」は、「内面の旅」という感じでしょうか。 目に見えない心や精神といった、わたしたちの内面を探求していくことは、まるで旅のよう・・・というたとえです。 そして、現実の「旅行」のように、「内なる旅」も、とってもおもしろいのです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 オーラソーマはイギリスで発祥したものですので、すべて英語がベースとなっています。 最初にレベル1を学んだときに、学校教育ではほとんど聞いたことのない単語やフレーズばかりで、なじむまでに時間がかかりました。 あるとき、コース中に参加者がひとり1本ずつイクイリブリアムボトルの名前を呼んでみるという時間がありました。 初心者なので100本以上あるイクイリブリアムボトルの名前を覚えているはずもなく、ノートを見てもオッケーでしたが、すっかりドキドキしてしまいました。 そして、わたしの番で「B10 行って木を抱きしめなさい」がやってきました。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第178号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「自己受容をもたらす」です。 自己受容とは、「ありのままの自分を受け容れる」ということですが、多くの方にとってのテーマかもしれません。 以前、知り合いのお子さんが最初に覚えた言葉が、「ノー」だったという話を聞いたことがありました。 成長の過程でまず必要なのが、この「ノー」なのかもしれません。 みなさんも心当たりがあるかもしれませんが、子どものころは与えられた環境すべてに「ノー」で、(こうだったら良かったのに・・・)と思っていた方も多かったのではないでしょうか。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 来月7月7日は七夕です。 織姫さまと彦星さまが年に一度だけ会うことができる、なんともロマンティックな日ですね。 オーラソーマにも、男女がひとつになったイクイリブリアムボトルがいくつかあります。 B57 パラスアテナとアイオロス B58 オリオンとアンジェリカ B60 老子と観音 B61 サナトクマラとレディビーナスクマラ そして、最近誕生した「B115 大天使ケミエルとアリエル」です。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第176号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「識別力を高める」です。 識別とは、簡単に言うと「見分ける」ということです。 浮かんだのは、ひよこの雄雌を見分けるシーン。 ぱっと見はそっくりなフワフワしたイエローのひよこを、プロは一瞬にして振り分けていきます。 子どものころに、そんな様子を見て「なんでわかるの?」と思ったものです。 プロは性別の相違を見つけ、スピーディに分けていきます。 でも、雑念や迷いがあると、判断することができなかったり、時間がかかったりするようです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 もう6月ですね。 多くの会社勤めの方は、もうすぐたのしい夏のボーナスの時期かもしれません。 6月30日から7月10日の時期にもらう人がもっとも多いとのこと。 そのあとにやってくるのがクリアランスセールです。 セールといえば、目に浮かぶのは「レッド」の文字ですね。 レッドで書かれた「SALE」の字を見ると、どこか“血が騒ぐ”感じがします。 逆に「SALE」の字が黒だったら、気分も盛り下がって、「今日は買わずに帰ろう。」という感じになるかもしれません。 このように、知らず知らずのうちに色は感情とつながっています。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第174号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「目覚める」です。 「目覚める」って、どういう感じだと思いますか? これまで眠っていたひとが「目覚める」としたら・・・電車での居眠りから「はっ!」と目が覚める瞬間だったり、目からウロコみたいな体験からの“気づき“も「目が覚めた!」と言いますね。 ここで言う「目覚める」は、後者の自分の気づきに目覚めるということです。 そしてオーラソーマカラーケアシステムは、自分を思いだすことをサポートしているものです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 和尚アートユニティのある鎌倉には、お寺がたくさんあります。 そのため、最近はお寺での座禅や瞑想の体験をするマインドフルネスの会や、企業研修、瞑想カフェなどが増えているようです。 瞑想がますます身近になってきているようですね。 オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんも瞑想を習慣にされていて、瞑想のなかから誕生したのがイクイリブリアムボトルです。 オーラソーマの授業でも「ブルーグローブメディテーション」といって“すべての存在が平和とつながる”瞑想を行なうことがあります。 サファイアブルーやペールブルーの光の球体に包まれて、そしてスター(中心)にいることをイメージしたこの瞑想は、オーラソーマの定番です。
みなさん、こんにちは。えつこです。 今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。 今回は第172号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「価値観しだい」です。 価値観について、多くの人が感じたり悩んだことがあるかと思います。 価値観のほとんどは親から与えられたもので、子どものころは親の価値観をまま受け取って育ちます。 人それぞれに価値観は違うので、自分の家と隣の家の価値観は当然違うわけです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 去年、日本は高齢化の比率が総人口に対して、すでに27.7%となったとのこと。 65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている「超高齢社会」です。 65歳以上と言えば、まだまだ若い人も大勢いますが、同時に、最近は親御さんの介護や看病についてのお話を聞く機会もとても増えてきました。 介護や看病は、ご家族のみなさまにとって継続したエネルギーを使うことであり、精神面でも肉体面でも大変さは計り知れないものがあります。 昔とは違って、今はお仕事をしながら面倒を見ていらっしゃる方も多いので、ご自身のケアも並行していかなくてはなりません。 今回は、そんな身近なテーマから、誰かのケアをしているときに助けになるオーラソーマプロダクトについてシェアしてみたいと思います。 介護や看病に関係があるイクイリブリアムボトルに、「B25 フローレンス・ナイチンゲール」(パープル/マゼンタ)があります。
全180件;1件~10件 [1] [2] [3] [4] [5] ... [18] []