とうこさんの部屋
全2件;1件~2件 [1]
表示順を変える[?]

投稿一覧の表示順を変えます。
投稿日:新しい投稿から表示
最新コメント:新しいコメントがある投稿から表示
コメント数:コメント数の多い投稿から表示
イイネ!:「イイネ!」と言った人の多い投稿から表示
最新コメント
コメント(2)
(0)
とうこ
B079 オーストリッチボトル(駝鳥のボトル)
なんでか、 人間として素敵だなあと思う人とコミュニケーションをとろうとするとき、 とてもおびえを感じることがあります。 今日も、そういうことがありました。 で、その痛みを抱えていると・・・
なんでか、
人間として素敵だなあと思う人とコミュニケーションをとろうとするとき、
とてもおびえを感じることがあります。

今日も、そういうことがありました。
で、その痛みを抱えているときにはどの色のボトルに目が行くかな?と思い、
イクイリブリアム選択ページへ。


すぐに目に飛び込んできたのがこのボトルでした。
この色の組み合わせ、かなり苦手なのに気になる…。


ということで、商品説明を見ると、霊的ショックうんぬんと書かれてある。
霊的指導者に対する失望とか。依存と共依存とか。
ドキっとしました。

自分よりもすばらしい人格の持ち主と接するとき、
ほんとうはうれしいはずなのに、なんでか走るおびえ。あと、同じくらいの期待。

極端に言えば、そのひとに認められたら自分の価値がぐんと上がって、認められなかったら、自分の価値が下がるような感覚。

自己肯定のスペースをそのひとにもとめていて、
自分で自分を認めてあげることができずに、その人に依存したくなる。
ところが私には、たしかに、ある。
だいぶ小さくなってはきたけれど。

霊的関係でショッキングなこと…まあたしかにあったけれども、
こんな関係ない人とのコミュニケーションで響いてるの?
それとも全然関係ない?


オレンジ/バイオレット 
本来 ⇒霊性に支えられた深い洞察力
それがチャレンジとなると⇒霊的な事件によるショック、依存


2本目に選んだ場合のメッセージが知りたくなり、4本リーディングをしてみると


ダチョウは、自分の身が危険だと感じると、逃げるのではなく、足元に穴を掘ってそこに頭をうずめて、敵から身を隠すという奇妙な行動を取るといわれています。確かに、穴に頭を入れてしまえば、敵の姿は目の前から消え、その場の恐怖から逃れたかのように見えます。ですが、その結果、的からは丸見えであり、食べられてしまうことになってしまいます。これはどういうことを私たちに教えてくれているのでしょう?自分の受けたショックな体験からも目をそむけずに直面するということです。



あっはっは。
頭かくして尻隠さず。
ダチョウってそんなおかしなことする生き物だったの~!


…じゃなくて、わたしの反応も、一段上からみると、こんなへんてこなことになっているのかなー?

あたま隠して…、しり、かくさず・・・(泣)


最新コメント
コメント(2)
(1)
とうこ
オーラソーマ日記
ヌラ先生のすばらしい授業を体験して、帰ってきました。 知識と直感は、一つの馬車の両輪であると考えるようになりました。 いままで 自分のなかの知識の車輪と、直感の車輪が ・・・
ヌラ先生のすばらしい授業を体験して、帰ってきました。


知識と直感は、一つの馬車の両輪であると考えるようになりました。


いままで 自分のなかの知識の車輪と、直感の車輪が


それぞれ別方向を向いていて、前に進まない状態だったんでは・・・と気づきました。


わたしの知識は直感に「そう感じたとして、いったいそれが何になるんだよ?」と詰めよるし


わたしの直感は知識に「なんでそう常識とか損得関係でわたしを裁くのよ、やめてよ」と反発する。


・・・そりゃー前にも進まないわなあ。





で、授業を受けておもったことは


知識だけでは、頭でっかちに自分や他人ををがんじがらめにしてしまうし、


直感だけだと、動物的な反応で、漠然としたその場限りの衝動で終わってしまう。


でも、自分のなかの二つの車輪を仲良くさせる方向に意識をシフトしていくと、


心地よく今を生きていけるということ。


直感は知識に


現実にはその言葉の文字がどういうことなのか、経験によって味わうことをうながし


新しいリソースを与えて、そのデータベースを刷新していくことができるし、


知識は直感に


そのインスピレーションがいったいどういうものなのか、


より細かいところまではいっていくことをガイドし、


それを他人とシェアすることを助けることができる ということ。




そして、両輪を仲良くさせるのも、反発させるのも、


自分の意識のたづなさばきにかかってるから、瞑想という姿勢を大切にしているということ。


自分と仲良くなったら、生きることが楽しくなっていくということ。


ヌラ先生、許しに満ちたあたたかい空間を、ありがとうございました。



全2件;1件~2件 [1]