最新コメント
コメント(3)
(0)

オーラソーマ日記





チャクラウォーク7日目

待ちに待った妖精の森。

昨年とは違ったルートを通って妖精の森へ入る。

いつものチャクラの道とは違った雰囲気。

何か、守られていて、森の精や小人がでてきそうな、おとぎ話の世界がそこにあるような感じ。

森の小屋が見えてきて、去年と同じ場所にやってきたとわかる。
全3件;1件~3件 [1]
(0)
 
コメント





妖精の森に着くと、去年は見かけなかった石のまわりに輪になって座る。

この日のために、前日に設置されたのだとか。

このチャクラウォークに合わせて、さまざまな準備がなされていたのだろうことがうかがえる。

チャクラウォークのほとんどの石の彫刻をしたキャスティンが、この石のシンボルなどについて解説する。

中央に2つの三角が交差している。上向きの三角と下向きの三角。上の世界と下の世界とのつながり、ないし統合を現している。

そしてその周りにハートが象(かたど)られている。ハートのエネルギーがそのまわりを囲んでいる。

その上にあるのはスターであり、下のユニコーンは大地のエネルギーを象徴しているのだという。


(0)
 
コメント





ひとしきり妖精の森の石をかこんで瞑想した後は、各自が妖精の森を探索。

静かに座って瞑想していたり、木に抱きついている人がいたり、木にもたれかかって何かを感じていたり、森のあちこちを歩き回っている人がいたり、人それぞれが森の精との時間を過ごすひととき。

森を歩いていると、なんとなく惹かれるスポットがあったり、ふと目が惹かれ、しばらくながめていたい風景があったりする。

こんな場所なら毎日来ても飽きないなぁ、と思うが、今回も訪れたのはこの日だけ。

大切にとっておきたいのだろう。

森の妖精にとっても、あまり多くの人間に毎日来られても迷惑だろう。

ひっそりと、人知れず存在しているからいいのだろう。
(0)
 
コメント ここ
和尚アートユニティ えつこ
本当、おとぎ話の世界ですね。感動です。
今までシャイアーファームに4回訪れましたが、妖精の森は行ってないのです。
チャクラウォークはスペシャルなんですね。そして、そんなに広いとは。
行ってみたいです。
全3件;1件~3件 [1]