最新コメント
コメント(10)
(1)
カラーダイアリー事務局
トピック

今回の震災に関連する情報をお互いにここでシェアするためのものです。
オーラソーマに関連しなくても、それに関する情報を共有し、安全を図るためです。

全10件;1件~10件 [1]
(0)
 
コメント

東日本大震災。
大きな災害と同時に、大きな課題をもたらしました。
解決できない課題は与えられない、と思いますし、
チャレンジは同時にギフトである、というのがオーラソーマでの教えでもありますので、このチャレンジをチャンスと受けとめ、乗り越えていきたいものです。

そこでまず大切なのは正確な情報の把握とこの課題に直面し、乗り越えていくために役に立てる情報共有だと思います。

あるいはなんとなくここで分かち合いたいこと、つぶやきでもよいと思うのです。

最近鎌倉に引っ越してこられた方で、一人でいるのは寂しいからというので、和尚アートユニティという場所があるだけでも落ち着くし、助けになるということで、一人瞑想スペースに立ち寄られて、しばらく一人で過ごされて帰って行かれた方もいました。そのように、ただ一緒の家にいるというだけでも安心できたりもします。

東京で一人暮らしで停電になると心細いという人もいれば、一人でいるのは全然平気、という人もいます。

震災に関するいろんな気持ちや考えやアイデアを分かち合うことでもいいと思います。

自由に情報を発信し、共有し、つぶやいてみてください。
(0)
 
コメント

シーウィードミネラルバス

放射能問題に関して、ヨウ素がクローズアップされています。

日本のイギリス大使館やアメリカ大使館などでも配っていて、パスポートを持って行けばもらえるのだとか。アメリカから送ってくれようとした友人もいるのですが、すでにアメリカでも売り切れになっているとか。

ヨウ素は取り方にもいろいろあって、処方が少し難しかったりします。

ヨウ素を含むものとして、オーラソーマではシーウィードミネラルバスがあります。

イギリスからのコメントをお伝えします。

ちなみに、乳幼児にも使えますが、Not too strong と言っていましたので、少量をお使い下さい。

シーウィードミネラルバスの使い方。マイクからのコメントです。

シーウィードミネラルバス
体がヨウ素を吸収する方法に関して、私が分かち合えることは、シーウィードミネラ
ルバスを使うことが助けになるということでしょう。
シーウィードミネラルバス、2キャップを体温以上のお風呂のお湯に入れて、完全に
それを溶かして、できるだけ首まで湯船につかって、20分入ります。
そうすることで、浸透圧が高まって、体が必要としてる割合のヨウ素を吸収する可能
性が増します。
これが、体がが吸収するのが難しい場合、口からヨウ素を摂取するよりもっと効果的
であると、ヴィッキーが私に分かち合った方法です。

「シーウィードミネラルバスは、一度入れたお湯に家族何人かが共有できますか?」
という質問を受けましたので、マイクに聞きました − 最初に入れるのがキャップ
に2杯、そのあと1人毎にキャップ1杯追加下さい、だそうです。

以上です。
参考にしてください。
(0)
 
コメント

原発緊急情報(41)これからの福島原発と被曝
中部大学武田教授のサイト
現在、小康状態で、いざというときに、どうするかを、考えておく時期です。
http://takedanet.com/2011/03/41_70dc.html

原発 緊急情報(41) これからの福島原発と被曝

政府発表やマスメディアの報道は「すでに起こったこと」に限定されているので、それでは不安です。

そこで、このブログでは「多くの人が生活の中で判断しなければならないことをお父さんの代わりに言う」というスタンスで来ました。お父さんとは「家族を守る、やや慎重、将来も見る、生活もある、絶対に間違ってはいけないということではなく、大胆に」という意味です.

今も「将来」に心配されている方が多いので、少しまとめもかねて整理をしておきます

またこのブログでは常に「近い将来」を考えて書いていましたから、その点は大丈夫です.

・・・・・・

福島原発事故直後は、大変に危険な状態でした。というのは、東電は「放射線を外に出したら大変だ」ということで、原子炉の圧力が上がっていたからです.

この時期、私は、「今の状態の25倍まである」と書いていました。これはNHKが「大量の放射線が漏れる可能性がある」と報道していたので、その「大量の」というのがどのぐらいか、私の判断で25倍としました。

でも、13日の週の中盤になると、放射線が一気に漏れたので、東電はある意味で気楽になったので、事故処理が正常にできるようになったのです。

そこで、私は危険度を「今の2倍まである、またプルトニウムが関係すると2.5倍」と絞り込んだのです.

それから後は、原発の状態より「いかにして被曝をさけるか」とか「どの地域が危ないか」に中心を移していきました。すでに、風の方向では危険な状態に入りつつあったのです。いわば「第2段階」でした。

・・・・・・

このときに、政府やメディアは「地域の放射線量」を発表していましたが、すでに汚染されているところは「放射線をもった粒子」が飛んでいるのですから、川や地面にも落下しているので、水道や野菜の汚染は予想されていました。

また、ウシも人間も呼吸しますから体内被曝があり、牛乳やお乳が汚染されてきます(母乳の危険性は福島東部に限定されると思いますが、データがまったく提供されません)。

これが第3段階でした。

・・・・・・

そして、少し前から第4段階・・・つまり、原発を見直すことができるようになると、原発の中の異常な放射線や、プルトニウムの問題が浮上します.それが現在です.

この時期は、やがて放射線が落ち着くまで、「頑張る」という時期です.つまり、最初の時期に放射線が高いので、その時期に、いやがる子供にマスクをさせたり、できるだけ外国か3月11日以前の食材を買い求めるなどの工夫をする時期で、お母さんのがんばり時なのです.

放射線の汚染は「最初からの合計」ですから、最初の時期に何とか凌いでおけば、健康にも良いし、後で行動が自由になるからです.

政府やメディアは「もっとも汚染をあびない方が良い時期」に「安全だ」を繰り返したので、「直ちに健康に」という呼びかけはまったく、まずいと思います.

・・・・・・

そしてやがて第5段階に入ります(これから)。

普通に「お父さん」として考えると、万が一には原発が爆発することもありますが、その可能性が低いので、そうなったら必死になって風上に逃げるしかありません。今、それを考える時期ではないと思いますが、風の向きなどを見ておいて、どちらに行けばよいかを考えておく必要があります。

今のところ、福島原発の汚染は「福島市方向」と「いわき市方向」に限定されています.

ただ、原発の中は作業するには放射線が強いので、遅々として進まないでしょう. ですから、まずは事故から1ヶ月(4月中旬)までを目処として、「いざと言うときの対策」、「これからの事」を考える小康状態であると思っています.

もし、経済的に、もしくは親戚などの関係で福島とその近県にお住まいの方で、特にお子さんはなんとか遠くにいて欲しいし、もしどうしても離れられない場合は、できるだけ被曝しないように注意してもらうということです。

東京は小康状態ですから、今、色々な準備をするチャンスと思います.

・・・・・・

4月中旬になると、原発の作業は難航しても、徐々におさまり、土壌や海などの汚染が注目されるようになると思います。今のところ心配のないプルトニウム漏れの測定も進むでしょう。また継続してヨウ素がでなければ、半減期の関係で甲状腺の疾病の可能性が減ってきます.

しかし、原発からの放射性物質は半減期30年のものが多いので、なかなか線量が下がらなくなります.今、メディアで「徐々に下がっている」というのは当然で、初期の低下ですから、これは計算済みです.

福島の人の被曝は長期間になります。また土壌が汚れるので、作物は作れないと思います(残念ですが、仕方がありません)。海からの魚から放射線が検出されるようになり、生活は広い注意がいるようになります。

つまり、一部分の汚染が、次第に薄くなり、拡がるという時期に入ります.

このときに、それまで注意をしていた人は「被曝した総量」が少ないので、やや行動に自由がでるでしょう。

・・・・・・・・・

福島原発がどうなるかはあまり今のところ関係がありません。むしろ、近々、取り上げますが、他の原発の方が危険です. そちらの方にも関心が向くと思います.

できれば早い段階で専門家が、これまでの理性を取り戻して「規制で危険となっている数値は危険」という時期がこればと願っています.

(平成23年3月29日 午前11時 執筆)


(0)
 
コメント

≪マイクからのメッセージ≫

マイクは現在コース中ですが、西欧時間土曜日の夜遅くに、以下のようなマイ
クのステートメントがフェイスブックに載りましたので、ご連絡致します。

≪マイクからのメッセージ≫
オーラソーマファミリーの沢山の皆様が、この時点で何をするのがベストだろ
うかと考えています。ザルツブルグで教えている間、また今日から新しいグル
ープと森の中でのコースをスタートしましたが、多くのメッセージを受け取り
個人レベルでお返事(対処)をしました。

私が推薦するのは、シーウィードミネラルバスとホワイトポマンダーを頻繁に
使うことです。プラス、フィジカルレスキューを首の後ろと甲状腺の上に塗る
ことが大きな助けになります。

これらの製品と、B26及びオレンジポマンダーに関しては、情勢が落ち着くま
で日本向けの出荷を優先します。これらのアイテムについては、日本のディス
トリビューターの皆様宛に、通常価格の30%割引で提供致しますので、ディ
ストリビューターの皆様におきましては、この割引率にてお客様にお出し頂き
ますようお願い致します。


つきましては、マイクよりサジェスチョンのありました下記の商品を30%割
引にて販売することに致しました。

≪特別割引商品・30%Off≫

*シーウィードミネラルバス150ml&1L
*ポマンダー25ml ホワイト
*ポマンダー25ml オレンジ
*ポケットレスキュー25ml フィジカルレスキュー
*ポケットレスキュー25ml エーテルレスキュー
*イクイリブリアムボトル50ml&25ml 26番
*イクイリブリアムボトル50ml&25ml 1番



(0)
 
コメント
けいこ。
東京でも 地域によって 計画停電がある。


今。娘の住む地域は、ちょくちょく 停電になるらしい。



そして 専業主婦となり 6月には「ママ」になる。。。



なんにしても あんなに 無頓着だったあのこ。。。


やはり 母ゎ 強し。


毎日に 決まった時間に 母子手帳を持って 「ミネラルウォーター」を買いに行ってるんだよ。


って。。。 母になったね。 って関心すること しばし。。。


何年か前に 買って持っていた 「シーウィードミネラルバス」


まったく 使っていなかったけど 何年くらいもつのでしょうか?



まだ 使えるのなら 6月に 誕生する 孫のために 使おうと 思ってる。。。



小さな お子さんなら ほんの 少しでいぃようですね。



でも 新生児にゎ だめですかね?



ご存知のかた いらしたら 是非教えて いただけますか?


よろしくお願いいたします。



(0)
 
コメント

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演
風評被害を科学的真実でくつがえす
福島原発放射線全く心配なし
低線量率放射線効果により、健康寿命を著しく改善する
福島の野菜、魚、牛乳、一切影響なし
稲 恭宏( いな・やすひろ )博士東京大学 大学院 医学系研究科 病因・病理学/免疫学 専攻 博士課程修了。博士(医学)。東京大学 医学博士で病因・病理学、免疫学者。『 低線量率放射線療法 』の発見確立者で、放射線の医学的科学的真実を証明した世界的権威の医学英文論文多数。
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/
http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8&feature=channel_video_title
http://www.youtube.com/watch?v=8ONbhHHBlVk
http://www.youtube.com/watch?v=c1R0D82JHzI
http://www.youtube.com/watch?v=X6K4M-ytivQ
http://www.youtube.com/watch?v=28QPwHkjnPo
以上、ご参考までに。
(0)
 
コメント
はみんぐばーど
放射能対策としてのマクロビオティック食養法です。
クシインスティテュートジャパンより発信されたようです。

長文ですが、よかったらご参考ください。


**************************

志を同じくする皆さんへ

KIJ エデュケーションディレクター パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス
監修:久司 道夫

最初に以下に記すアドバイスは、現在の放射能の影響があるかも知れない環境での注意であり、食事法です。

平常の状態に戻った場合は、実行の程度をゆるめて、マクロビオティック通常食に戻してください。

3 月11 日金曜日、午後2 時16 分。多くの人命の喪失、家屋や施設の破壊など、社会生活に大打撃を与える大きな地震といくつかの津波が日本を襲いました。皆さんの殆どが被災地から離れ、安全に過ごしていることと思いますが、もし何らかの助けが必要とするならば、どうか私たちに知らせて下さい。

震災以後、日本の皆さんの安全を心配する数え切れないメールと電話が、アメリカやヨーロッパをはじめ、世界各国のマクロビオティック指導者から送られてきました。
彼らは、このたびの困難から日本が1日も早く復興することを心から祈り、願っています。
そして、多くの人が、ニュースレターの発行や新聞記事の掲載、又、人道支援や復興・救済活動を行なう各組織へ寄付をするためのチャリティー・コンサートの開催など、さまざまな活動を通して積極的に募金を集めてくれています。

私たちもまた、現在も困難に苦しむ被災者の方々に対して感じる心の痛みと連帯
心を表し、私たちができる方法で彼らを支援していきましょう。皆さんの祈りや
哀悼と意、明るい未来に向けた希望の思いを伝えることは、被災者の方々にとっ
て大きな助けになることでしょう。しかし一方で、彼らがいま必要としているも
のがしっかりと彼らの元に届く方法についても考えて下さい。

今回の震災における最も大きな問題は、福島第一原発からの放射能漏れの可能性です。
広島と長崎の経験から皆さんがよくご存知の通り、今回の状況は未来に向けての大きな課題だと考えられます。この困難にうまく対処するため、そして、よい助言を提供し、助けを必要とする人を救うために、マクロビオティックの見解と健康への影響を含めた放射能に関する情報を共有したいと思います。

高レベルな放射能を被曝した際に起こる身体への影響については、短期的なものと長期的なものの2つに分類されます。被曝すると、まず短期的なものとして次のさまざまな病症が現れ始めます。具体的には、吐き気や嘔吐、頭痛、鼻や口、歯肉または直腸からの出血に起こる下痢、皮膚疾患、免疫システムの損傷と血球数の低下などが挙げられ、最終的に死に至ります。

さらに長期的なものとして、さまざまな種類のガン、とくに白血病や甲状腺ガンが挙げられ、その他に胃ガンや腸ガン、皮膚ガン、リンパ腫に加えて他の部位のガンが挙げられます。又、遺伝物質の変化・突然変異によって奇形児が生まれたり、出産における他の問題を引き起こします。そして、この影響は、とくに子供や女性に多く現れます。

例えば、1986 年にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故の後、長期的な身体への影響で紹介した甲状腺ガンが多く発生したことは広く知られています。

事故により飛散した放射性物質にはヨウ素が含まれており、甲状腺はヨウ素を体に取り入れる働きがあるため、放射性物質のヨウ素が甲状腺に集まることからガンの発症率を高めます。甲状腺にヨウ素が集められるのを防ぐため、通常、高レベル放射能に被曝した可能性のある人、今回の震災でいう福島第一原発の近隣住民や周辺地域で改修作業にあたっている人たちには、ヨウ素カリウムの錠剤かヨウ素の錠剤が与えられます。
基本的には、これにより甲状腺に放射性物質のヨウ素が定着することを防ぎます。

マクロビオティックの観点では、放射性物質は極陰性であり、強い膨張・拡散の作用をもたらします。

つまり、放射性物質による病症は、すべて陰性ということになります。そして、癌は、陰性または陽性を伴った陰性の2つのタイプに分類されます。そのため体の状態を少し陽性よりに維持すると、放射性物質の影響を中和し、体のバランスを保つことができます。

次に紹介するお話は、放射能汚染に対していかに食べ物が効果的であるかが理解
できる一例です。

1945 年8 月9 日に長崎に原子爆弾が投下された時、秋月 辰一郎 医師は、聖フランシスコ病院の内科部長を務めていました。彼の著書では、どのようにして放射能汚染による病気や癌から数多くの人々を救ったかが説明されています。

「1945 年8 月9 日、原子爆弾が長崎に投下されました。
人々を死に至らしめる放射能が全壊した町に広がり、多くの人が苦しみながら死に、そして、わずかな人に奇跡が起こりました。私たちの病院の職員は誰一人として放射能汚染によって死ななかったのです。

病院は、被爆中心地から2 キロしか離れていませんでした。私と助手は、被曝して苦しんでいる多く人を助けました。病院には、味噌や醤油が多く備蓄してあり、又、十分なワカメと米もありました。原爆投下前に病院職員に玄米と味噌汁の食事を与えており、そのため誰も放射能汚染で苦しむことがなかったのです。
これは、味噌汁を食べていたからだと私は確信しています」

「私は、調理師と調理スタッフに毎回の食事について、塩をまぶした玄米おにぎりと塩気の強い味噌汁を作るよう命じ、決して砂糖を使わないよう厳しく言いました。
そして、彼らが命令に従わない時は、容赦なく怒鳴り散らしました」

「この塩のミネラルによる対処法により、私は命を永らえられ、医師として精力的に活動し続けることができました。致命的な放射線量でなかったのかも知れませんが、この対処法を実践した私や他のスタッフ、そして担当患者は皆、原爆の残骸である「死の灰」の中でも生永らえることができました。
原爆によるさまざまな病気などを乗り越え、私たち全員が人々のために日々働くことができ、放射能による惨劇から生き残ることができたのも この塩のミネラルによる対処法のおかげなのです」

それでは、次に放射性物質による病気を防ぐために行なうべき食事法および生活法についてご紹介します。

◆ 毎回の食事で必ず全粒穀物を食べる。玄米や他の全粒穀物は、放射能の影響を取り除くのに効果的である。これらは良いミネラル源になり、ヨウ素、繊維をはじめ、栄養のバランスが取れている。繊維質は、腸の機能を高め、蠕動運動を通じて放射性物質の排泄を促す。被曝による下痢は腸の働きがゆるむからである。
この他、直腸の内部が膨張して起こる出血もあるが、この場合、精製した穀物ではなく全粒の穀物によって体のバランスを取ることができる。食材の調達が困難になる場合、約2 週間分の玄米を自宅に備蓄しておくようにする。

◆ 味噌汁は、放射性物質の対処に最も効果的な食材の1つである。麦味噌は、2年以上発酵させたものを優先的に選ぶ。他によい選択として、玄米味噌や八丁味噌も挙げられる。ワカメの他、特に効果的な根菜やカボチャなどの野菜を使用するとよい。
自宅に常に良質の味噌を備蓄するようにし、料理ができない場合は、水に味噌を溶かして飲むだけでもよい。

◆ さまざまな種類の野菜を使い、野菜料理を作るようにする。とくに効果的な
のは、根菜やカボチャなどの円形野菜である。キンピラや煮しめ、味噌風味の煮
物や鍋など、火を強く長めに入れた野菜料理は、大変有効である。熱帯産の野菜、
又、とても酸性の強い野菜は避けるようにする。もし手に入るなら、よりミネラ
ルを含んでいる有機栽培かより自然に近い栽培法の野菜を摂ることをお勧めする。

油はごく少量、できればゴマ油かなたね油を使用する。生野菜は避けるようにする。

◆ 豆の場合は、小豆や黒豆、レンズ豆、ひよこ豆などの小さい豆類が望ましい。
小豆カボチャまたは根菜とともに調理した黒豆などの料理が効果的である。

◆ 海草類もまた放射能を中和するのに重要な食材である。
海草類は、ヨウ素を含むミネラルを多く含んでいるので、ヨウ素剤で取るよりも効果的である。
又、海草類はさまざまな放射性物質を体外に排出する働きがあることが解明されている。
この場合、昆布、ワカメ、ヒジキ、またはアラメなどが特に効果的である。
もし調理ができない場合は、海苔を食べるだけでも良い。又、青海苔などの海草で作られたふりかけなども有益である。

◆ 種子類も効果が高く、とくにミネラルを多く含んだゴマが有益である。
ナッツ類は油分が多いため控えるようにし、ナッツバターは避けた方が良い。

◆ 果物類は、控えるようにする。リンゴのようなより陽性な果物は食しても良いが、調理して食すのが望ましい。
多量の放射能を浴びた場合、しばらくの間、果物は避けた方が良い。
熱帯産またはオレンジや柑橘系などの酸性の強い果物は、より陰性で体内のミネラルを消耗するので避けるようにする。

◆ スイーツなど甘いものは控えて摂るのが望ましく、果物類と同様に多量の放射能を浴びた場合は、避けた方が良い。穀物飴や甘酒などのようなより陽性な甘味料が好ましい。その他の甘味として、甘栗や甘い野菜などが含まれる。

◆ 動物性食品は、脂肪分が多く、体内環境を酸性にするため避けるのが望ましい。
とくにより陰性な乳製品は、絶対に控える。乳製品は、もし多量の脂肪分や粘膜が蓄積されていた場合、放射性物質が体外に排出されにくくする。
さらに、放射性物質は、乳製品のような動物性食品に蓄積される傾向にある。

◆ ゴマ塩や鉄火味噌のようなふりかけ類は、数多くのミネラルを含んでいるため大変有益である。
漬物もまた良いミネラル源であり、酵素を含んでいるため積極的に食すと良い。とくに良いのは、沢庵や梅干しなどの古漬けである。
海塩や醤油などの良質の調味料も重要な食品である。
これらを常時自宅に備蓄するよう心がける。

◆ 一般的に、強い陰性の食品や飲み物、たとえば白砂糖や菓子類、チョコレート、スパイス、熱帯産の食材、農薬や添加物などが加えられた加工食品、精製された食材、コーヒー、紅茶、ハーブティー、刺激の強い飲み物、アルコール飲料などは避ける。

◆ もし放射能レベルが高くなった場合、できる限り密閉した室内に留まるようにする。
人々がシェルターを造るのも、放射能の侵入を防ぐためである。
こうしたシェルターは、冷戦時代に核爆弾を恐れる人によって多く造られ、ヨーロッパ地域ではすでに一般的となっている。又、体のミネラルを消耗しないよう長時間のシャワーや入浴は避ける方が良い。

少し留意しながら常識の範囲で上記の推奨事項を実行して下さい。たとえば、良好な体調を保つために、基本の食事法を含めた上記の推奨食材をとることをお勧めします。
しかし同時に、それらをあまりに厳格に行う必要はありません。
又、ミネラルや陽性の食材を摂りすぎると、陰性の食材や飲み物に強く惹かれてしまうので、たくさん摂れば良いというわけではありません。
常にバランスと加減を考えるよう心がけて下さい。
しかし、もしお住まいの地域で放射性物質の飛散が始まり、それが深刻な状況になった場合、その時は推奨した食事指導を厳格に注意深く行うことをお勧めします。

冒頭に記したとおり、上記の食事法は放射能の影響を前提とした際のアドバイスです。
長期間、厳格に継続するものではありません。平常時に戻りましたら、マクロビオティック通常食に戻すようにしてください。

ぜひ家族や友人、皆さんが指導する生徒さんたちに、こうした非常時に実行すべき重要な事柄、適した食事法について教えてあげて下さい。
この情報が福島第一原発の周辺に住む人たちに届くことを願っています。
皆さんもぜひインターネットを利用してこの手紙の内容を人々に伝え、又、ご自身のコメントを書き込みして下さい。
その際、この情報を簡潔にまとめたり、他の提案を付け加えたりしても構いません。

今回の逆境を学びの機会、命について熟考する機会にし、日本と世界に健康と平和と幸福をもたらすため、この試練の時にこそ私たちが互いに助け合い、支え合うことを心から願っています。

震災に見舞われた方々が1 日も早く笑顔を取り戻すよう祈っております。

以 上
(0)
 
コメント

>[けいこ。さん


> 何年か前に 買って持っていた 「シーウィードミネラルバス」
> まったく 使っていなかったけど 何年くらいもつのでしょうか?

一般には製造後2年が開封期限とされています。

製品のボトルの底に、 Best Before 0000 と数字が入っていて、その期限までに開封して使用してもらうのが一番いいコンディションでご使用いただけます、という意味です。



(0)
 
コメント
けいこ。

>尚さん

使用期限の アンサー ありがとぉございます。

ぎりぎりと いうところでしょうか。


babyちゃんにゎ 新しいものを 用意します。


どうやら、 娘のお産後ゎ 茨城に いく可能性が なきにしもあらずなので

準備だけゎ しておきます。

ありがとぉございました。

けいこ。
(0)
 
コメント

時間:2011年6月11日 · 19:00 - 20:00
場所:集えるところ&あなたの居るところ(終日)
作成者: June Koga

Re-member・・・わたしたちがひとつなり、繋がって光を放つメディテーションです。
ひとつになり、そして今、こころを届けたい、祈りを伝えたいところに大きな光の輪となって伝わって行くでしょう。思考を使って願い続けなくても大丈夫です♬

青い球体と共に、ハートにチューニングし、ありのままに居ることや平和が自然と包み込むことを感じてください。
どこか、集える場所があればそこに集まり輪となってメディテーションをすることは、とても効果的なことです。
...あなたがひとりで行う事も、光につながることです。

この時間に、ハートをひとつにしてメディテーションをしましょう。

もしも、移動中であれば、少しの時間目をつぶって、自分自身のハートにフォーカスしてください!あなたのこころが向かっていれば、それはどこにいても、誰と居ても可能なことです。

【キーワード】メディテーションを始める際に、「り☆めんばー」と心の中でつぶやいてくださいね。

【お願い】集まる場所を提供してくださる方は、ぜひお近くの皆さんが集まれる様に準備と招待をしてください。よろしくお願い致します。
キャンドルを囲んで、サファイヤブルーのPomanderを共に使い、ハートに入って行けるように。

【ご案内】このリメンバー・メディテーションは、毎月同じ日時にひとつになるためのメディテーションです。6月は19時〜はじめます。
終日いつでも繋がってください。時間の許す限り、一日を意図的に過ごしましょう♬

【招待の仕方】ご自分のブログやHPでの告知もぜひお願い致します。
また、このトピックのコメント欄に記入していただければ、皆さんが見やすいと思いますので、そちらもよろしくお願い致します。
全10件;1件~10件 [1]