B067 Divine Love,Love in the Little Things 神聖なる愛 / 小さきことの中の愛
日常のささいな出来事、出会う人々の中に、愛と美を見出し始めると、モノクロの世界が生き生きと感動に溢れ、ヴィヴィッドに変化していきます。そして自分自身という小さな存在もまた、天からの愛を受け取って日々生かされていることに気づけば感謝が溢れてくるでしょう。感謝は全ての扉をひらきます。
ボトルのメッセージ
日常のささいな出来事、出会う人々の中に、愛と美を見出し始めると、モノクロの世界が生き生きと感動に溢れ、ヴィヴィッドに変化していきます。そして自分自身という小さな存在もまた、天からの愛を受け取って日々生かされていることに気づけば感謝が溢れてくるでしょう。感謝は全ての扉をひらきます。
魂の使命と目的
人のために奉仕する、たいへんクリエイティブな人です。人生の小さなことがどんなに大切で価値あることなのかを知っています。日常生活をスピリチュアルに生きています。地球に対する深い理解と愛を持っています。この人の愛は広大で、個人を越えて広がっていきます。魂の不滅と、そして人生で保証されていることは「変化する」ということだけであることを知っています。
チャレンジとギフト
頑張りすぎ、やりすぎの傾向を持っています。簡単に失望してしまいます。生きていくのがとても難しいと感じます。他の人から受け取る愛が「十分でない」と感じているために、絶望的に神の愛を求めます。人生が、全部答えを与えてくれることを望んでいます。
使用部位
身体中どこにでもつけてください(ボディオイルとして使用すると最高です)。
タロットカード
ペンタクルのナイト(Knight of Pentacles)
タロットカードのメッセージ
職人---集中力が要求される仕事をしている一方で、小さきもの、詳細に注意を注ぎ、心により大きな絵を持っている。堅固な基礎があり、全てに適した時期があるという感覚。信頼すべき時。
最新コメント
コメント(2)
(2)
天鳥そら
B067 神聖なる愛 / 小さきことの中の愛


マゼンタ/マゼンタ


最近、学生の頃のことをよく思い出します。
中学生から高校、大学生…といったように、
反抗心が渦巻いていた頃です。

高校の頃に、人間関係、特に異性関係で嫌な思いを
してからというもの、心身症とよばれるものになりました。

とうじは、そんな言葉も知らなかったし、
なぜか具合が悪い、気分が沈む。
そういった症状に陥った自分をとても責めていました。

当然、学校にも満足に行けず、高校を卒業したものの、
浪人して大学に行きました。
十分に勉強できなかったことを悔やみ、大学では勉学に
励もうと思いましたが、やっぱり体調は思わしくありません。
自然と家にいる時間が増えて、そんな自分の状態をずっと
悔やんでいました。

異性関係が発端だったものですから、相手を負かそうという
ぎらぎらとした闘争心のようなもので自分を支えていました。

感情を発散することもできず、心療内科のような場所にも行きましたが、
思うように自分の体調がよくなることはありませんでした。

働きに出ても、たぶん、意識だけで保っていただけのように
思います。
さらなるストレスから、とうとう、身体が動かなくなりました。
両親の心配を思ったり、自分の将来を心配したりで、
不安だらけの毎日でした。

当時の自分を認めるよりも、他人と比べて、
何もできなかった自分の後悔を埋めるのに必死だったのです。

何かしなければ、何かしなければという思いが、
やっと、『何もしなくていい』とちょっぴり思えるようになりました。


何もできない自分というのが、とても許せなかったんです。

何もできなくても生きてていいんだ、と思った瞬間、
前より無理しなくなりました。
前より動いていないけれど、それでいいんだと思えるようになりました。
それでも、まだまだ焦りのような感情はでてきますけれど^^;

そうすると、今までずいぶんと無理してきたんだな~と
自分を思いやれるようになりました。

早く大人になりたくて、けれども大人になりきれない。
そんな思春期まっさかりの自分がでてきて、
やっと客観的にみられたのかなと思います。

学生の頃の夢を頻繁にみていたのも、そのせいかな?って
思いました。
全2件;1件~2件 [1]
(0)
 
コメント ここ
ちい
客観的に振り返られるくらい、回復してよかったですね。
私は心療内科ですくわれたクチです。
ひと昔まえ・・・学生時代には、そのような門戸がなかった。
やっと暗いトンネルを
抜けることができました。最近、パートを始めたんです(^^>
ピンクに染まったボトルを胸に刻んで・・・がんばれるかな。
(0)
 
コメント
天鳥そら
ちいさん

ちいさん、コメントありがとうございます。


>ひと昔まえ・・・学生時代には、そのような門戸がなかった。

今でこそ、テレビや雑誌などで大きく取り上げられるほどまでに
なりましたが、まだまだ偏見や思い込みも多いようにも思います。

私が心身の不調に陥った時、ちょうど『ツレがうつになりまして』の
コミックエッセイが本屋に並んでいました。

当時は、怖くて読めませんでしたが、最近になって、
『ツレうつ』シリーズで、子育ての本などを見るようになりました。

そのなかの一冊に、『うつとは、全体のバランスが崩れるいうこと』
と、専門の医師が仰ってる場面があって、とても救われたのを覚えています。

ちょうど、オーラソーマにもはまり始めていたので、
今、自分の通っている道は、プロセスなんだな~と思えました。

ボトルを一回使ったくらいなので、詳しいことはこれからですが、
エネルギーのバランスを整えることも大切だと実感しはじめた次第です。

それまでは、文字通り、心と身体にしか意識を向けていなかったものですから^^;

>ピンクに染まったボトルを胸に刻んで・・・がんばれるかな。

回復期は、焦りもでるかと思います。
一歩一歩、歩んでいってください。
私自身、ピンクとレディナダのエッセンスには、とっても助けられていますよv


全2件;1件~2件 [1]