078 ペンタクルのエース(Ace of Pentacles)
我々が手放したものからの新しい始まり。外面的成功と私たちが向かっている場所を知っているという感覚がある。地上の存在とつながっている、調和しているという感覚。
タロットカード
ペンタクルのエース(Ace of Pentacles)
タロットカードのメッセージ
我々が手放したものからの新しい始まり。外面的成功と私たちが向かっている場所を知っているという感覚がある。地上の存在とつながっている、調和しているという感覚。
ボトルのメッセージ
新しい始まりの前の手放しと癒し。終りゆくものを感謝とともに手放しながら、瞑想的な時間や自分をケアするひとときを作ってみませんか。私たちは一生の間、何度もリニューアルし、自分を再誕生させていける変容の力を内に秘めているのです。
魂の使命と目的
真にサイキックな人であり、自分の人生の目的と仕事を理解し受け入れています。また、人生は神聖であり、すばらしい師であること、特にハートの問題に関し てはそれを深く認識しています。この人が持つ最も偉大なる宝は、その不滅な意志です。けれども、良い意味でとても謙虚です。
チャレンジとギフト
解放されるのを待っている深い悲しみを抱えています。自分自身の影を見ることに困難を感じています。運命は自分を不当に取り扱っていると、そら涙を流しま す。人生においてたくさんのものを失ったか、あるいは逆に得たという経験があります。また、自分は経験豊かだと感じているために、新鮮さを感じられませ ん。偏見と不満足が性格を特徴づけています。世界の物質的なものが、人生の霊的な側面に影を落としています。世俗的な歓びに対する欲望が強い人です。
使用部位
頭髪の生え際にそって使用する。喉、首、第三の目、脊椎、頭頂部にも使用する。
最新コメント
コメント(6)
(0)
TOMOKA☆☆☆
ペンタクルのエース(Ace of Pentacles)
B078 クラウン レスキュー

昨日、西麻布のとってもお洒落なチベットギャラリー
ノルブリンカに、お香を買いにいったんです。
http://www.norbu-lingka.com/
そのお香は、チベットの高僧の方の真言が10万回入っているという
特別なものなのですが、
http://www.amanamana.com/item/incense_basic.html
部屋で焚いたとたんに・・・・空気が変わりました。
お香で、魂まで浄化され、癒されるという体感があるのです。

30分くらい、何もせずにただお香の波動を受け取っていると
ふいに、やっと、チベットの死者の書を読むと気がやってきたんだなと思い
青山ブッククラブ回へ。何度も読もうとして読めてない本にやっと着手。

今日、このカードが出て、もう一度引いてみようとトライしたら
2回続けてこのカードが。
読んでいる本とシンクロするんですね。
びっくりしました。
全6件;1件~6件 [1]
(0)
 
コメント
masami
わ〜懐かしい!
ブッククラブ回って、まだちゃんと存在してるのですね。
10年ぐらい前、普通の書店には、
スピリチュアル系の本が少なかった頃、
ここは、いろいろ揃っていて、よく買いにいってました。
チベット死者の書、私も読みましたよ。
でも、内容はすっかり忘れてます〜
お香をたいて読むと、内容がすーっと入ってきそうですね。

(0)
 
コメント
TOMOKA☆☆☆
masamiさん、ありがとうございます
ブッククラブ回、健在ですよ!
週一くらい行ってますが、何か買ってしまうので危険な本やさんですね^^
しかも最近、カードも使えるようになったんですよ!
死者の書・・・・・・。なかなか進みません(笑
(0)
 
コメント

tomoco☆☆☆ さん

ブッククラブ回、なつかしい。
まだ存在しているんですね。
確かに危険な書店です。

でも最近はスピリチュアル本も少し大きな書店で手に入るようになったし、なんといってアマゾン。ここで手に入ってしまう。今ではアマゾンが最も危険です。

チベットの死者の書ね。
以前NHKでそのプロセスのドキュメンタリーがあったのですが。
あれを見るとわかりやすいです。
と思ってユーチューブにないか探しましたが見つかりませんでした。

>死者の書・・・・・・。なかなか進みません(笑

ってことですね。
だったら、
ソギャンリンポチェの「チベットの生と死の書」
読みましたか?
まだ読んでないならお勧めです。

西洋文明を知っているチベットのラマ僧によって書かれているので、現在人が読んでもわかりやすいです。

実際のチベットの伝統も、経験に基づいて書かれてあるので、とても興味深いです。

こちらを読んでから、チベットの死者の書を読むといいと思います。

それにしてもこのボトル、確かに「死者の書」を読むにはもってこいですね。

このボトルつけて読むと、進むかも?(笑)

死者の書の本がボトルを引き寄せたのでは?
(0)
 
コメント
TOMOKA☆☆☆
尚さん、
すばらしい本のご紹介をありがとうございます。

ソギャンリンポチェの「チベットの生と死の書」
・・・・・舌をかみそうな(笑)

さっそく、アマゾンで探してみますね。
アマゾン、危険ですよね。
ワンクリックでお急ぎ注文をすぐ押してしまう悪い癖があります(汗

今日は、ソギャンリンボチェ だけにしておきます^^
(0)
 
コメント ここ
「クリスタルラインおとはな」のひろこ
私もティンシャとシンギングボールとお香は、こちらのを愛用しています♪
ティンシャを選ぶのに、何時間もかかって、お気に入りのが見つからず悩んでいたら
奥から「実はこういうのもあるんですけど…」といって、
何故か別のを出してきてくださり、その音色がまさに探し求めていたものだったので
即買いしたのを覚えています。

マントラのCDもいいですよ〜。チベットの山々に遠くまで吹き渡る風を感じるので、
すぐお昼寝しちゃいます。笑
amanamanaのロゴマークが美しく入ったBoxパッケージがかわいいんです。

遠いのでなかなか行けませんが、またノルブリンカさんに行きたくなりました〜。


(0)
 
コメント
TOMOKA☆☆☆
>尚さん、さっそく、ソギャンリンポチェの「チベットの生と死の書」
アマゾンでワンクリックいたしました!明日着です。
とっても楽しみです。ありがとうございます!

>Hirokoさん、あのCDいいですよね。
まだ買っていないので次回はCDかなと思っています。

実は今日、4回目くらいの、ビーマーライトペンのセッションを受けました。
内なる風水を整える、というメニューで、
お腹に、様々なビーマーを照射していくのですが
最初に、ブルーブルーの2番、続けてクツミをい照射していくのです
それはなんと、あの、受胎曼荼羅(ブルーを背景に黄色い☆が見えるという)
の記憶にまず戻り、そのあと、バルドーの状態に戻るのを
さまざまなマスターボトルのビーマーライトを使って
やっていくというセッションでした。
なんと・・・・チベット死者の書つながりのセッションだったのです。

受けた直後の感想は、とにかく、平安に満たされている・・・・。
すごい平安です。
みなさまもぜひ体験してみてください!

オーラソーマティーチャーのシュリーラさんが施術されています。

http://www.geocities.jp/hc_essencia/beamerlightpen.htm
全6件;1件~6件 [1]