最新コメント
-
コメント(0)
(0)
あかり
オーラソーマ日記



B006とB014が、昨日到着した。

B014の上層のクリアーが、ホワイトなんじゃないかって思うくらい。
真っ白く濁っていた。まるで雲のようだった。

B006を見たら、何かを感じた。
その美しさに、はっと、させられた。吸い込まれるように惹きつけられた。
エネルギーが入ってくる、そして、湧き上がってくる感じ。
でも、はっきりと感じ、エネルギッシュなのに、荒々しくなく、
レッドに対してこうだと思っていたネガティブな感じが全くない。
言葉では表現できない。
情熱的で、強く気高い愛のようなもの。
涙が出た。
これが、きっと、レッドがもつ本来の成熟した美しいエネルギーなんだって思った。
なんだか視界が晴れ渡ったかのように、意識がすっとした。
購入する前、あんなに怖かったレッドなのに、
今は、すっかり魅入っている。
レッドに対して、攻撃的、荒々しい、強烈、、、などのイメージを持っていたのに、
気品すら感じる。

画像でみた印象とだいぶ違う。

ボトルは、眺めるだけでも、力を発揮してくれるのか。
見るだけで、こんなにはっきり効果が実感できたのは今回が初めてだった。

これを、手帳に記しておこうと書いている途中、
ふとB014を見ると、上層が濁りない綺麗なクリアーになっていたのである!

なんだ!?どういうこと?

母は、運ばれてくる途中に泡とかで濁ってたんじゃない?と言った。
その考え方は、十分現実的で理にかなっいると、
私も思うんだけど、そうではないと感じている。

B006からエネルギーをもらって、意識に変化が起こり、
その表れなのではないかと思う。

ボトルの上層が濁るというのは、
精神的または肉体的な問題があることの表れだといわれている。

2つのボトルをまだ使用してない状態で起こったことだった。

B006は、バランスをとるためにゴールドが必要となることもあると、
奇跡のカラーヒーリングにはあり、
そういえば去年のイヤーボトルに、ゴールドが入ったボトルがあったなと思い出し、
去年のイヤーボトルB014を、おまけ感覚で購入。

しかし、B014の上層の変化を見て、
単なる“おまけ”として来たわけではないんだなと直感的に思った。
まだ使ってない状態で、濁ってるなんて、何か意味があるんだろうなって、思った。

今日の朝、2つのボトル使用開始。

B006が、今まで使用したボトルと違う独特の匂いがする。
気持ち良く塗れた。
全然怖くなかった。
ボトルをこんなに気持ち良く塗れたのは初めてだ。

足の裏に塗った。
使用後、足が熱くなった。
裏だけに塗ったのに、足の全体が熱い。
はっきり感じる。なんてパワフルなボトル!
こりゃ頭とかに塗っちゃいけないワケだ。

今年のイヤーボトルかつ、自分のバースデーボトルでもある。
前に、ここでB006を松岡修造のようだと例えてある投稿があり、
それをみた私は、密かにこのボトルのことを、
胸の内で、修造ボトルと呼んでいた。
正月に、弟が、友人から松岡修造の日めくりカレンダーをプレゼントされた。
リビングのテーブルに置いてあるので、それを私もみれるのだ。
あ、これって、修造ボトル使おうよ!という意味だろうなと、直感的に思った。

バースデーボトルが、B006の私は、
他の人から修造みたいだと、思われているのだろうか。
私ってそんな熱い人間だっけ?




書き込みはありません