最新コメント
コメント(1)
(0)

オーラソーマ日記





私の悪い癖。

それは、旅先でいっぱい写真を撮るくせに、整理できないままになってしまうこと。

みなさん、旅先で、iPhoneなどで写真を撮って即ブログやフェイスブックにアップされてますが、それができないんです。

大抵はツアーの面倒をみながら、旅先でも、朝晩仕事をしたりしているので、あとで写真をアップしようと思っていても、なかなかする時間もなく。

じゃぁ、日本に帰ったらするのかといえば、日本では日本ですべきことにはまり込んでしまって、なかなか過去の写真の整理までは手が回らない。

というわけで、8月31日から9月7日まで、ユニティインスティチュート企画で企画して、開催したセドナの旅、今頃になっての投稿です。

でも、シリーズで、紹介していきたいと思いますので、おつきあいのほどを。

今回の旅は少人数だったので家族旅行のような旅で、とても楽しめた旅でした。

今回のそもそもの企画は、ユニティインスティチュートの講師3人、リーラ、プラサード、アルヴィナはセドナに在住なので、彼らの住むセドナで、瞑想や直観のワークとともに、セドナのヴォルテックスなどのエネルギースポットや、グランドキャニオン、ショッピングなども楽しもう、という企画です。

リーラたちの著書「悟りのシンクロニシティ」を読まれたかたはお分かりのように、そこに書かれてあることは「ゾルバ•ザ•ブッダ」の生き方です。

ゾルバというのは「その男ゾルバ」という本、ないし映画をみた方はご存知のように、ギリシャの享楽的な人生を送った男のお話。この現世の人生を思う存分楽しもうぜ、という生き方です。

かたや仏陀は、王子として生まれながら、生老病死の人生の無常を感じ、この世は夢幻、本当の真理を探求し、瞑想をして悟りを得て、瞑想の人生を教えた人です。

「ゾルバ•ザ•ブッダ」というのはその両方の人生を生きましょうということです。

オーラソーマ的に言えば、レッドがゾルバ、仏陀はバイオレットですが、レッドからバイオレットまでの虹色の人生を生きよう、というのが「ゾルバ•ザ•ブッダ」という生き方です。

「ゾルバ•ザ•ブッダ」というのはインドの神秘家OSHOが提唱しているもので、現世を厭って瞑想だけに生きるのではなく、かといって、この物質的な享楽の人生だけでもなく、肉体を持って生まれた人間として生きるのは、そのすべての可能性、虹色の人生をトータルに生きなさいという教えです。

和尚アートユニティでは、その「ゾルバ•ザ•ブッダ」な人生を生きようというのがコンセプトの会社でもあります。

というわけで、セドナツアーはそういう旅になりました。

初日は午前中はピンクジープツアー、午後はプラサードとアルヴィナの自宅のリビングでの瞑想、直観を開くワークというプログラム。

前日の夜、セドナに着いたので、まずはセドナの地にグランディングするには、セドナのレッドロックの中をめぐるピンクジープツアーはもってこいのイベントです。

はじめてこのピンクジープツアーを体験した時は、こんなところまでジーブで行けるのか、という驚きの体験でした。

黒田コマラさんにも紹介したら、すっかりお気に入り。

というわけで、今回のツアーでも体験してもらうことになりました。

レッドロックの中に分け入って、レッドロックはすぐ手の届くところ。(左端の写真)

運転手は、いかにもアメリカのヤンキーって感じの、おにいちゃん。(真ん中の写真)

「俺ははじめてこのツアーの案内をするんだよ。うまく運転できるかなぁ」なんて、いいながら、45℃の傾斜のある崖っぷちを運転していくので、みんなキャーとかワーとかいいながら、思いっきり発散と解放の連続です。(右端の写真)


全1件;1件~1件 [1]
(0)
 
コメント ここ
わびすけ
青い空!
これが見たかったんです。ありがとうございます。

レポートを、とても楽しみに待っていました。
あまりに首をながーーーーくして待っていたら、身長が少し伸びました。笑

お忙しい中の更新はお手間かと存じますが、続きを楽しみにしていますね。
ありがとうございます。


全1件;1件~1件 [1]