メルマガ トピックを見る

購読申し込み

【post@aura-soma.jp】からメルマガが配信されます。
「受信箱」に確認メールが見当たらなければ、「ゴミ箱」や「迷惑メール」フォルダをご確認ください。「お気に入りのメルマガを迷惑メールフォルダーに入れない方法」などを参考に確実な受信設定をなさることをお薦めします。

バックナンバー

全130件;101件~110件 [] [1] ... [9] [10] [11] [12] [13] []
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今日は第30号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今日のテーマは「内なる平和」についてです。 「平和」というと、とても広大で、それはまるで空のようにつかめないもので、少しふわっとした、漠然とした印象を持つかもしれません。 つかもうとすると、それはエゴとなってしまい、その瞬間に平和から遠のいてしまいます。 平和は所有することができないからです。 誰かのものではなく、そして、みんなに平等に開いているものです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今月は、マゼンタのポマンダーが入荷しました。 美しいローズピンクの色目と、高級なダマスクローズやイランイランなどの成分が入っているため、とても女性らしい優雅なエネルギーに満ちていました。 すでにお使いの方も、いらっしゃるかもしれませんね。 「B50 エルモリヤ」(ペールブルー/ペールブルー)から「B64 ジュワルクール」(エメラルドグリーン/クリアー)のマスターに対応しているイクイリブリアムは、それぞれがクイントエッセンスと対応しています。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今日は第28号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今日のテーマは、自分の「女性性とつながる」、自分の「女性性を活かす」、内なる「女性性を発揮する」・・・といった「女性性」についてです。 文中で、ぱりさんが『元始、女性は太陽であった』という言葉を引用されていますが、ちょうどこの週末に、私も同じフレーズに触れたばかりでした。 ひとりは長岡式酵素玄米の講義、実演をされている方から、もうひとりは自然療法のパイオニア東城百合子さんの著書からです。 そのどちらにも共通して、女性とは「包みこむ」「大地のような豊かさ」があるように感じました。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 先週の金曜日に、あたらしいポマンダー「マゼンタ」が、ついに日本にやってきました。 さっそく手にされた方もいらっしゃるかもしれませんね。 6月21日の夏至の日に誕生したマゼンタポマンダーですが、ちょうどそのころは、イギリスのデヴオーラでオーラソーマのブリッジコースが開催されていました。 現地にいた生徒さんは、いち早く試すことができたようで、Facebookのタイムラインは、すっかりその話題でにぎわっていました。 そのうちの1本を、コースの通訳をしていた黒田コマラさんが和尚アートユニティへ送ってくださいました。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今日は第26号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今日のテーマは、「~から自由になる」です。 「自由」という言葉を聞くだけで、その響きがリラックスやスペースを運んできませんか? それだけ多くのひとが「自由」を求めているように思います。 では、その自由の逆の「不自由」って、なんでしょうね? それは、ひとによっては「制限」かもしれないし、「責任」かもしれません。 「制限」や「責任」は、ひとそれぞれ違います。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 日本の1年のはじまりは元旦ですが、古代マヤの人たちは、太陽を神としていたことにより、太陽がもっとも近いこの夏の時期を1年のはじまりとしていた風習があったようです。 なかでも≪13の月の暦≫と呼ばれる、マヤの神官たちが「神さまの行事」に使うための暦では、7月26日が1年のはじまりの日にあたります。 思い起こせば、引越や結婚、転職など、人生の節目がこの時期(7月下旬からの数ヶ月)だったという人も多いかもしれません。 星や惑星などの自然のサイクルと私たちの人生のサイクルは、どこかに共時性(シンクロニシティ)がありますね。 ちょうど今は、マヤ暦の新年のすこし前なので、「宇宙の月」といって、あたらしい年へ向けて調整する月と言われています。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今日は第22号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「バランスをとる」です。 バランスというと、まっさきに思い浮かぶのが「イクイリブリアム」という単語です。 「イクイリブリアム」は、翻訳すると「均衡」という意味です。 ちょうど、「まんなか」「つりあい」ですね。 「EQUILIBRIUM(イクイリブリアム」は、数字にすると「8」になります。 オーラソーマタロットの「B08 アヌビス」は、目隠しをした女性が秤(はかり)を持っていますが、これは、どちらかがほんの少しでも多くなると、カタっとどちらかの側へ傾きます。
色とりどりのオーラソーマボトル(イクイリブリアム)は、ほんとうに美しいですね。 色の美しさだけでなく、その輝きにこころ惹かれる人は多いと思います。 それぞれの色には、カラーメッセージがあります。 たとえば、ブルーなら平和、レッドならエネルギーといった感じです。 私たちも、その日の気分によって、選ぶ洋服の色がちがったりしますよね。 なに気なく選んでいるようで、その背景には、心理が隠されています。 なので、私たちがボトルを選ぶとき、意識している部分と、そうでない無意識の部分の両方で、ちゃんと心理を反映しています。 オーラソーマのリーディングなどを受けて「当たった!」と思った方もいらっしゃるのではないかと思いますが、それは当たったというよりも、自分の内側が鏡として映しだされているからです。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 今日は第22号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。 今回のテーマは、「直感を信頼する」です。 私たち一人ひとりの内側にある男性性(男性的な側面)と女性性(女性的な側面)。 男性性は論理的であるのに対して、女性性は直観をつかさどっています。 なにか行動をするにしても、男性性が強い場合は、論理的にものごとを進めようとしますが、女性性が強い場合は、いわゆる「ピン!」とくれば、そこであっさりと行動に移せたりします。 そのどちらとものバランスがとれていることが必要ですが、「失敗したくない」「あちらを選べばもっとよかったかも?」などといったマインドが重視されると、効率重視で頭でっかちになってしまい、ほんとうに自分がやりたいことを知る「内なる声」とつながらなくなってしまいます。
みなさん、こんにちは。 えつこです。 今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。 梅雨にはいって、毎日ムシムシした日が続いていますね。 湿度も高く、急な気温の変化に、身体がさまざまな調整をしていることと思います。 そんなときは、今日の疲れを明日に持ち越したくないですよね。 毎日のお風呂タイムで、ゆったりとリラックスして、眠る前に1日の疲れをすっきりと取りたいものです。 そこで今日は、お風呂で使えるオーラソーマ製品のなかでも、人気定番の「フラワーシャワー」をご紹介いたします。
全130件;101件~110件 [] [1] ... [9] [10] [11] [12] [13] []